【Eclipse】Apache Tomcatのログをコンソールに出力する方法の紹介

「Eclipse + Apache Tomcat」でアプリケーション開発中に起動しないなどの事象を解決するため、Apache Tomcatのログを確認したいことはないでしょうか。

今回は、「Eclipse + Apache Tomcat」でログをコンソールに出力する方法、ログファイルの出力先の確認方法を紹介します。

スポンサーリンク

検証環境

検証に使用した環境/ライブラリを次に記載します。

  • Pleiades All in One Eclipse
    • バージョン:2020-09
  • Apache Tomcat(以降は、tomcatと記載します)
    • バージョン:8.5.56

ログ出力(コンソール)

tomcatのログをコンソールに出力するための設定をしていきます。次の手順で「実行構成」の画面を表示します。

  1. 「メニュー」から「実行」を選択して、「実行構成」を押下します。
  2. 左側に表示されている一覧から「Apache Tomcat」を選択して、対象のtomcatの構成を選択します。
Apache Tomcatの実行構成画面例
Apache Tomcatの実行構成画面例

実行構成画面の「引数」タブを選択して、「VM引数」の末尾に次の内容を追加します。改行は使用しないで半角スペースで区切って追加してください。

-Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager
-Djava.util.logging.config.file="C:\eclipse\2020-09\tomcat\8\conf\logging.properties"

-Djava.util.logging.config.fileに指定している、C:\eclipse\2020-09の箇所はeclipseのインストール先に変更してください。

ログ出力(ファイル)

tomcatのログファイルは、次の場所に作成されています。

workspace/.metadata.plugins\org.eclipse.wst.server.core\tmp0\logs

複数サーバを設定している場合は、tmp0の数字が連番になります。ログファイルの出力先が異なることがあるため、サーバごとの設定を次の手順で確認します。

  1. 「サーバー」ビューから対象のサーバを選択して、Enterキー、または、ダブルクリックする。
  2. 「概要」タブの「サーバー・ロケーション」の「サーバー・パス」にディレクトリ情報が記載されています。
Apache Tomcatサーバ構成画面例
Apache Tomcatサーバ構成画面例

まとめ

「eclipse + tomcat」を使用して、tomcatログのコンソール出力/ファイル出力方法を紹介しました。